保険SHOP・パートナー

建設工事の保険

slide_01

建設工事の保険とは?

「建設工事の保険」と言っても建設物や機材によって様々な種類があります。

毎年更新していた建設工事の保険があったのに、事故を起こした時に補償されなかったというケースをよく聞きます。専門用語などが多く使われているため契約している内容を把握しきれていないのが現状です。

事業内容や規模が変化する事によって内容の見直しも必要です。
どのくらいの金額を掛ければいいのか?とても難しい問題です。

保険SHOP・パートナー

ムダな保険をかけていても何の役にも立ちません。
内容と金額を決めるのには専門知識が必要ですが、火災保険や自動車保険などと違い、建設工事のプロを探すのはとても困難です。

専門家のアドバイスがあれば「基本の保険+特約」などで不測の事故に備える事が十分可能になります。

工事の目的物に掛ける保険

この保険はズバリ建設している建築物件に対する保険です。
新築で建設中に火災にあったり、資材が盗難にあったりした場合を補償します。
うっかり資材を壊してしまった場合なども補償可能です。

  • 建設工事保険

第三者に与えた損害を補償する保険

この保険は建築物のまわりに対しての損害を補償する保険です。 不注意から通行人に怪我をさせた場合や、隣の家を壊してしまった場合などが該当します。

  • 請負業者賠償責任保険
    引き渡し後に施行ミスから怪我人がでた場合も補償可能です。
  • PL保険

従業員、下請け業者、アルバイトの怪我に備える保険

この保険は建築で働く人に対する損害を補償する保険です。 現場への出勤途中で交通事故にあった場合や、足場から落ちて怪我をした場合に該当します。治療費や休業補償が補償されます。

  • 任意労災保険
  • 労働災害総合保険
  • 使用者賠償責任保険

建設工事保険のプロフェッショナル

保険SHOP・パートナーは建設工事の保険を得意としています。長年の実績と経験でピッタリの保険をご提案します。事故対応も24時間態勢で安心です。