保険SHOP・パートナー

法人のための保険

slide_02

万一の事態には補償

経営者の身に万一の事態が起こったとしても「保険」の機能があります。

他の金融商品と比べ保険本来の機能で十分な補償をする事が可能です。

危機管理、リスクヘッジという観点からも安定した経営を支える重要な部分です。

利益に対してかかるのが法人税

保険SHOP・パートナー

法人税とは、法人の所得金額に対して課される国税です。簡単に言うと会社の「儲け」に対しての税金です。

法人税法等によって税率は変更されます。現在は平成23年12月の税制構築法で25.5%に引き下げられています。

これは会社の利益に対してかかってくる税率です。

保険料は損金算入することも可能

法人契約として役員などの生命保険やガン保険等に加入します。役員や従業員を被保険者、法人を契約者として法人で加入する保険です。

保険によっては100%損金に算入できるため課税の繰り延べが可能です。

※ 詳しくは税理士等にご確認ください。

退職金として活用

受取った保険金や解約返戻金は退職金として活用する事が可能です。また、経営難の時には保険を解約して現金化する事も可能です。

保険のプロに相談

それぞれの保険会社、保険商品によって得意分野、特徴が異なります。これらを判断するには専門知識と豊富な経験が必要です。

保険SHOP・パートナーは「生命保険」「損害保険」のプロフェッショナルです。企業の規模や財務状況等に応じてピッタリの保険プランを提案する事が可能です。