MENU

建設業の明るい未来のために
安心のパートナー
  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • google

0120-13-810724時間・365日受付

お問い合せはこちら

お役立ち情報

「建設業の保険」の種類と選び方のコツを徹底解説!

2024.05.24

 建設業の保険の種類と選び方のコツを徹底解説!|建設業専門の保険代理店 株式会社保険ショップパートナー

事故やトラブルがつきものの建設業界においては、保険によるリスク回避が不可欠です。

 

そしてほとんどの建設会社は、総合保険代理店から提案される商品に加入していますが、保険の内容を十分に理解しないまま加入し、事故が起こった際に本当に必要な補償を受けられないケースが多々あります。 

 

しかし、適切な保険で現場のリスクを回避するためには、建設会社自らが保険について十分な知識を持つ必要があるのです。

 

そこで今回は、建設業向け保険の種類と、自社に適した保険加入のポイントについてご説明します。

 

(今回のポイント)

①どんなに気をつけても、工事中の事故をゼロにするのは困難。保険活用が最大のリスク回避法!

②一般の建設業向けに設計された保険商品が、どんな建設会社にも合うとは限らない!

③最適な保険を選ぶには、自分の会社の工事によってどんなリスクが生じるのかを理解することが重要!

【当社は建設業専門の保険代理店です!】

 

当社、株式会社保険ショップパートナーは1985年に創業し、

 

・建設業保険で平均20~30%のコスト削減を実現
・契約後は24時間当社にて事故受付・事故対応

 

これらが多くのお客様に喜ばれ、2024年3月末時点で法人962社・個人3,710の方々から保険契約をいただいております。

 

>>当社サービス詳細・無料のご相談やお見積もりはこちらから

 

 

建設業の保険は大きく分けて3つ

建設業の保険は大きく分けて以下の3つです。

 

  1. 賠償責任保険
  2. 労災の上乗せ保険
  3. 物保険 

1.賠償責任保険:工事による他人への損害を補償

 

 

賠償責任保険は「請負業者賠償責任保険」という名称で、各保険会社が取り扱っています。

 

これは、工事の実施中に近隣住民や他人が持っている物に損害を与え、損害賠償を支払わなければいけない場合に補償が受けられる保険です。

 

純粋に作業中に起こった事故でなくても「資材置き場が崩れて、通行人がケガをした」など、請負工事業者の管理責任が問われるケースも賠償責任の対象となります。 

 

賠償責任保険には、工事中の事故ではなく工事完了後の責任も補償する種類の保険商品があり、これらは「生産物賠償責任保険」「PL保険」などの名称で各保険会社が扱っています。

 

例えば、建物の竣工後に防水工事の不備で水漏れが発生したり、ビルに設置した看板が後から落下したりするケースによる損害賠償金を補償してくれます。

 

2.労災の上乗せ保険:従業員・作業員のケガを補償

 

 

労災の上乗せ保険は、労働災害を補償する労働者災害補償保険(労災保険)に加え、労災保険だけでは不足する補償内容を補完する保険です。

 

具体的には、労災保険の保険金額を超える部分の補償や、休業補償の期間を延長する補償が含まれます。 

 

特に元請業者として現場全体を統括する場合、自社の従業員や下請け業者、一人親方やアルバイトなど、自社の業務を請け負う多様な人間が工事現場に出入りします。

 

彼らが労働災害(労災)に見舞われ、死亡やケガが発生した際に補償金が支払われるのが、労災上乗せ保険です。

 

ちなみに、建設業ではすべての現場で政府の労災保険が適用されるため、「上乗せ」という名称がつけられていますが、政府の労災保険だけでは金額が不十分であり、ケガによる休業補償も十分ではないため、民間保険会社の上乗せ保険へ加入することでリスクをより適切に回避できます。

 

また、高額な労災訴訟による賠償責任に備える「使用者賠償責任保険」も、近年加入者が増えています。

 

3.物保険:現場の建築物や資材に生じる損害を補償

 

 

建築中のビルや現場の備品など、物に対する損害リスクをカバーするのが物保険です。物保険には以下の3種類があります。

 


【建設工事保険】

工事中に発生した事故により、建設中の建物や設備などに生じた損害を補償します。

 

具体的には、事故前の状態への復旧費用が保険金で支払われます。

 

その他、事故で乱れた現場を片付けるための「残存物片付け費用保険金」、臨時にかかった費用を補償する「臨時費用保険金」を受け取ることができます。


【土木工事保険】

土工事などの土木工事中に発生した事故で、工事中の現場の施設や設備に被害が生じた場合に補償を受けられます。

 

土木工事と建築工事を同時に請け負っている場合でも、土木工事が主業務であれば、この保険でリスク回避が可能です。


【組立保険】

建物以外の複雑な設備や機械などが、工事中の事故で破損した場合に補償を受けられます。

 

対象となるのは、生産機械、橋梁、鉄塔、タンク、空調・光熱・給排水設備、プラントなどの施設の組立工事です。

 

組立中の設備や機械だけでなく、倉庫で保管されている材料や備品も組立保険の対象となります。

どのように保険に加入するのが最適なのか?

建設業で加入されることの多い保険をご紹介しましたが、適切な保険選びは建設会社それぞれによって異なります。

 

 

補償内容と保険料のバランスを慎重に判断

 

現場は千差万別で、会社ごとに得意な工種や起こりやすい事故が異なります。

 

また、元請けか下請けかなどによってもリスクの幅と金額が変わるため、「ひと括りにされた保険商品が全ての建設会社に合う」というわけではないのです。

 

ですので、

 

  • 保険料の払いすぎ
  • 保険に加入したのに必要な補償内容を得られなかった

 

この2点には十分注意してください。

 

 

建設業のリスクを熟知した保険会社に相談

 

 

保険会社や代理店それぞれの得意分野は異なり、全ての業界のリスクを網羅しているわけではありません。

 

なので建設業であれば、建設業に精通した保険会社や代理店に、自社の業務内容や抱えるリスクについて具体的な質問を投げかけて相談し、適切な保険プランを提案してもらいましょう。

 

それによりリスクを最小限に抑え、安心して本業に集中できるようになるのです。

まとめ

 

建設業はどれだけ気をつけていても、突発的な事故と無縁ではいられない業種です。

 

利益を上げることはもちろん重要ですが、リスクマネジメントも同様に重要です。

 

ぜひ御社のリスク回避ができる最適な保険に加入できるよう、専門の保険会社や代理店に相談してみてください。

 

%_imagetext_%

 

著者:小飯塚隼人(こいづか・はやと)

 

(株)保険ショップパートナー取締役社長。
1983年生まれ。前職は大手損害保険会社にて代理店の営業推進を担当。「お客さまに一番近いところで保険を提案して、もっと喜んでもらえる仕事がしたい」との思いから、万が一のさいは保険でしっかりとお客さまを守る保険ショップパートナーの経営理念に魅力を感じ、2015年3月に同社に入社。同年11月に取締役社長に就任。「建設業をサポートする日本一の会社になる」という志のもと、年間2,000件を超える建設業保険の相談を受けるとともに、安全大会の講師も務める。得意分野は事故対応、事故対策、外装系など。趣味は映画、ランニング。

【当社は1985年創業の建設業専門保険代理店です!】

 

当社、株式会社保険ショップパートナーは1985年に創業し、

 

・建設業保険で平均20~30%のコスト削減を実現
・契約後は24時間当社にて事故受付・事故対応

 

これらが多くのお客様に喜ばれ、2024年3月末時点で、法人962社・個人3,710の方々から保険契約をいただいております。

 

お客様からいただいた直筆でのお喜びの声も多数掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

 

>>【直筆お客様の声も多数掲載】当社サービス詳細・ご相談やお見積もりはこちらから

 

 

PAGETOP